釣りという病との闘病記

ホームページ左のカテゴリごとに、渓流ルアー釣り入門初心者向けの道具から、渓流ルアー1年目から現在のブログや、ハンドメイドルアーや釣りの本の紹介など。海釣りもするのでサビキ釣り、ショアジギング、カゴ釣りなども。30代にして田舎暮らしを始め、釣りを始めて魚釣りという病が治らないブログです。

ブログカテゴリごとに、渓流ルアー釣り入門初心者向けの道具紹介、ハンドメイドルアー、渓流ルアー釣行1年目から現在、海釣りなどなど。釣りという病が治りません。

数日中にブログを引っ越しします!


今回のブログは、ご案内とお願いなのだ。

僕は左足首にヒビが入っていて釣りに行けない今、ブログの引っ越しをすることに決めたのである。

関心がない人はまったくわからないかもしれないが、

今は、

ライブドアブログ  の無料ブログサービスで ブログを書いている。

ドメインは、 http://keiryu.blog.jp/   などとなっている。


それを、自分でレンタルサーバーを借りて、ドメインも用意して、ブログ用ホームページを作ることにするのだ。

ドメインは https://keiryuuluretrout.com/ になる予定である。


このドメインというのは、現実世界で言う住所なので、住所を大阪から東京に引っ越したようなイメージである。

そうなると、今までのドメインをブックマークしてくれている方がブログを見ようとすると、手紙を書くときに引っ越し前の住所を書いて送っているようなものである。

普通で言うと届かない。つまりブログが見れないのだ。

ただ、郵便物に転送サービスがあるのと同じように、ブログも転送などが可能らしい。

らしいというのは、現在突貫工事で知識を入れており、僕の実力で本当に見た人が旧ブログから新ブログに飛ぶように出来るのかわからないのだ。

ただ、ブログ始めたときからしてみたかった無料ブログではなくて自分でやってみるという方法。

足にヒビが入って釣りに行けない今やらないとずっとしない気がするのである。


心配なのは、これまで僕のブログに来てくれている(奇特な?)読者の皆様との繋がりが絶たれないように上手く設定出来るかという部分である。

変更したら、最近始めたツイッターでも配信するのと、ブログ村でも新着で出るはずなのだ。

そしてしばらくは旧ブログも残して、旧ブログから新ブログへ転送出来るようにするのがベストである。

上手く転送出来るような設定が出来れば問題ないのだが、とにかくやってみようと思っています。

予定では今週の土曜日、日曜日辺りに新しいブログサイトを見れるようにするつもりなので、何か不具合あればこのブログ上でも教えてください。

当然僕も念入りに確認します。

新しいブログサイト、スムーズにご覧頂けるように頑張ります!


ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村

渓流釣り ブログランキングへ

GyoNetBlog ランキングバナー

岩魚差別主義者へ愛を込めて。岩魚の燻製でどうだ!


さて、前回岩魚を釣ったのだ。

参考ブログ
渓流ハンドメイドルアーで今年初の岩魚ゲット! しかしそれはある作戦への布石なのだった


岩魚を釣ったのはプロローグに過ぎず、本番はこれからなのである。

というのも、僕にはずっと温めてきた作戦があるのだ。

作戦の相手はうちの嫁である。

なぜ嫁か?



それは嫁が、『岩魚差別主義者』だからである。


うちの嫁は、ヤマメ、アマゴを食べるのは好きである。

好きと言っても、1年で10回も食べない。 10回以下くらいで十分満足するのである。

そして明確な序列を付けている。


ヤマメ、アマゴ >>>>  ニジマス  >> 岩魚  である。


もっと簡単に言うと、「ヤマメ、アマゴ以外は釣れても持って帰ってこないで!」 と言う明確な指示を出すのだ。

渓流釣りを始めた当時の4年ほど前の僕は、魚が釣れたのが嬉しかったし、家族に自慢もしたいのでよく持ち帰りをしていた。
  
すると、岩魚だけの日、岩魚とヤマメが混じるとき、ヤマメだけの日と出てくる。


その中で、嫁の舌は明確に序列を付けたのだ。「ヤマメ、アマゴ以外は食べない」と。


ちなみに僕は舌馬鹿というか、あまり細かい味は分からないが、まあヤマメのほうが美味しいかなという印象である。

ただ、岩魚には好意を持っているので、岩魚差別主義者(あくまで食べる意味で)の嫁の鼻をあかしてやりたいとずっと思っていた。


そして、一斗缶で自家製燻製器を作った。

参考ブログ 
渓流釣り解禁に間に合うように一斗缶で燻製器を作るのだ!


僕は思った。


「そもそも細かい渓流魚の違いが分かっていない嫁は、燻製にしたら見比べても岩魚とヤマメの違いが分からないのでは?」


ちなみに僕は自分で釣った魚は自分で捌くので、作業を見せなければ燻製終わりまで嫁に見られることはない。


岩魚を2匹、ヤマメを3匹。ちょうどいいバランスで釣ることが出来た今こそ、作戦決行である。


まずは釣った魚を捌いて風乾した。


燻製前だとさすがに分かる。 右がヤマメである。




IMG_2938





燻製にした。 かなりわかりにくくはなった。 1番奥がヤマメである。




IMG_2939






この並べ方と角度だとさっぱりわからない。





IMG_2940





塩焼きしたヤマメと並べる。この置き方は少しわかりやすい。




IMG_2943





置き方を変えた。右の2匹が岩魚である。 あまり分からないはずだ。






IMG_2942






僕はイタズラをする少年のような曇りのない気持ちで、食卓に塩焼きと燻製の皿を持って行った。



「いただきま~す」 と僕のゴングが打ち鳴らされた。


第一ラウンド早々に、嫁の箸が燻製に向かった。

しかもその箸は、岩魚の燻製を掴んだ。

嫁は岩魚の燻製を自分の皿に入れると、少しほぐしてから口に運んだ。


カンカンカーン! 第一ラウンドKO勝ちである。

岩魚差別主義者の嫁に岩魚を食べさすのに成功した!


岩魚の燻製を口に運んだ嫁は一言、


「いつもよりちょっとしょっぱい。。。」


岩魚とバレないように燻製前の塩を気持ち多めにふったのが影響しているのかもしれない。


その後、かなり食べ進めてから、


「1番大きいヤマメを燻製にして欲しかった。大きいのを燻製した前のほうが美味しかった」


という気付いてないにしても、かなり核心に近い台詞を言い放った。

しかし、何はともあれ嫁に岩魚を食べさすことは成功したのであった。



数日後、実はあの燻製は岩魚だったと嫁に告白したら、無言ですぐさま肩に右ストレート(いわゆる肩パン)をお見舞いされたのであった。。。




ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村

渓流釣り ブログランキングへ

GyoNetBlog ランキングバナー

 


渓流ハンドメイドルアーで今年初の岩魚ゲット! しかしそれはある作戦への布石なのだった



このブログは左足にヒビが入る前、4月後半の釣行です。2話完結のブログなのだ。




岩魚を釣りたかった。

個人的に、岩魚はけっこう好きなのだ。

今年はまだ岩魚を釣っていなかったので、岩魚釣りと、バラし率を下げるためにはとにかく経験なので川に向かった。

暑い日で、気温はもう夏といってもおかしくなかったが、水温は10度~11度くらいだった。


僕は以前から目を付けていた岩魚がいるであろう上流部に向かった。


小渓流である。

小さな落ち込みから岩で左右に流れが別れているようなポイントだった。

左か右か悩んで、左の流れにルアーを投げる。


答えは岩魚が教えてくれた。

ルアーを追った影か見えたかと思うと、手応えがきた。

今年初めての岩魚である。

なんとかバレずにネットイン。

僕のハンドメイドルアーでバレなかったのが嬉しい。



IMG_2923








サイズは20㎝くらいなのだが、ヒレが綺麗だった。






IMG_2926






その後、奥の落ち込みを狙う。


先ほどヒットしたルアーでは反応がなかったのでルアーチェンジ。


そして1投目で、またヒレの大きな岩魚が釣れた。





IMG_2927






岩魚が2匹釣れたので、僕の目標の1つは達成した。



岩魚を切り上げて、移動してヤマメを狙うことにする。


よく行くポイントで、ヤマメが3匹ほど釣れた。


1匹は25~6㎝ほどあり、わりといい型だった。


バラしもあったが、僕としてはまずまずの釣果と、岩魚という目的を達成したので帰ることにする。


岩魚をゲットしたので、本番はこれからなのだ。

僕は車に乗り込み、ハンドルを握り、アクセルを力強く踏み込んだ。


次回、作戦を実行するのだ!






ランキングにご協力下さい!
押してくれるとブログ更新するやる気が上がります(^O^)/↓

にほんブログ村

渓流釣り ブログランキングへ

GyoNetBlog ランキングバナー





livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド
ランキングにご協力下さい(*^_^*)
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【買取専門店】釣具高く売れるドットコム